<< Wreckluse 7 | main |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
Wreckluse 8
シェイクダウンを済ませ、残すはディテールアップのみ!?のWreckluse。
その前にメカ類の搭載方法について書いてみようと思います。
今回は久々の防水仕様。
簡単に済ませるにはやっぱこれでしょ↓↓

100均タッパー(^O^)/!!
しかもサイズが専用設計と言わんばかりのドンピシャ。



使ったメカ類は手持ちのサイドワインダーマイクロとCC BEC。
受信機も入れるとかつかつの内容量です。
100均タッパーは蓋の合わせ目から水が進入する可能性があるため、家にあったバスコークでシーリングして蓋をしました。
配線の取り出し口は蓋に穴を空けたのでそこもバスコークで塞いであります。
サーボはハイテックの防水サーボに交換。
これも手持ちのサーボです。
ここまでやれば防水はばっちりのはず!?です(((o(*゚▽゚*)o)))
バッテリーは今まで使っていた3セル2200mAのものはサイズが大き過ぎて置き場所に困ったため3セル1300mAを新調。
防水仕様の場合、実はバッテリーが問題でニッケル水素やニッカドバッテリーであれば水に浸かってもさほど問題がないのですが、リポバッテリーは基盤がショートしてしまう可能性があるらしいのです(実際にやったことがないので未確認情報)
なのでバッテリーが持つかどうかは水に浸かってからのお楽しみ(苦笑)
ちなみにバッテリーの搭載場所はこんな感じ。

手持ちの部品を組み合わせ、プラ板を使って固定。



穴がたくさん空いているのはチューバーフレームにタイラップを使って固定するためです。
シートを固定するための台座もプラ板で作りました。

ちなみにシートはRC4WD製のものをたまたま中古で購入。

これにシートベルトを通す穴を空け若干リアルにしました。

シートを固定するためにプラ板で左右のシートを繋ぎます。

取り付け用の穴はこれ。

ちなみにシートをプラ板につけるのにシューグーを使いました。
出来上がったものを艶消しブラックで塗装。

そして装着(^O^)/





まずはバッテリーマウントとシート下の台座を固定。
タイラップでもしっかり固定になります。
次にシートを乗せて3ヶ所ビス留めし、ドライバーとメーター廻りを作りこんで…







はい!完成(^O^)/
ちなみになぜシートを直接台座に固定しなかったかと言うと、チューバーの隙間から全てが脱着出来るようにしたかったからです。
整備性を考えて一つ一つ外せるように作りました。
メーターフードはこれで作製↓↓

模型屋さんに売ってたプラパイプです。
切って塗って貼っただけです。
メーターデカールは手持ちのものを使いました。

お手軽に雰囲気の良いメーター廻りの完成(^O^)/

続く…





カテゴリ:Wreckluse | 05:50 | comments(0) | - | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 05:50 | - | - | -
コメント
コメントする